加入はしておこう

小型の赤い車

都心の道路で自転車専用道路なども作られていますが、大きい道路だけで、狭い道では整えておらず自動車や歩行者との事故になるケースもあります。自動車のような保険に加入の義務がないので、自転車保険に加入していない方がほとんどの状態だと思います。しかし、ニュースでは自転車と歩行者の事故で賠償金を支払う例が取り上げられいるので、多くの方に自転車保険に加入をと呼びかけもあるのも事実です。しかし自転車保険に入るのもどの保険に入ればいいのか悩むでしょう。他の保険が先で自転車保険は後回しになる傾向があるので、他の保険と一緒に加入してみるのはどうでしょうか。

自転車は軽車両になるので、基本的には歩道ではなく車道走行になります。ご年配や子供が走行する場合、例外として歩道での走行は可能ですが、ほとんどの方がそのルールを知らないのも現実です。以前と比べて、道路の設備や交通ルールの周知で自転車の事故は年々減少はされていますが、自転車事故は全体の2割がを占めているので、いつ何時自分が加害者もしくは被害者になる可能性がある事を頭に入れておく必要があります。その時の備えの自転車保険になるので、最悪な状態を回避するためにも、加入して備えておく必要があります。自転車保険も最近ではインターネットの比較サイトで比較検討でき、そして他の保険よりもリーズナブルな金額で加入できるので、一度検討してみるといいでしょう。